所司一門将棋センター 津田沼店 青砥店

S+授業について

  • HOME »
  • S+授業について

S+授業について (2019年1月13日 内容変更)

S+の生徒は、基礎的な能力向上の為に

指導対局後に自分の対局を正確に思いだし棋譜に残す練習をします。

20分60秒を使える体力を作っています。

①  指導対局後に棋譜を残す練習

  • 指導対局後に一人で初手からの指導対局の内容を並べる。
  • 棋譜を残す。(途中でも、わかる範囲でOK)
  • 残した棋譜を間違いないか将棋盤を使用して確認する。

 

② ①の棋譜を残すことが出来た生徒対象です。

  • 確認で棋譜が最後まで並べることが出来た生徒は、自分の「ポイント」を出して記入する。
  • 指導対局で先生の感想で覚えている点を記入する。
  • センターに棋譜を提出する。

 

①、②を行い棋譜を提出が出来た生徒が対象です。

月・水曜日の一門ゼミにポイントを質問する。

  • 所司一門ゼミの講師に自分のポイントをわかりやすく局面を出す。
  • 質問する。
  • 課題局面を意識する。

 

補足

棋譜の「ポイント」について

序盤・中盤・終盤の難しい局面、次にどう指せばいいのかなど自分ではわからない点、

知りたい点をポイントとして出す。

ゼミで質問する。

 

S+についてのリンク

授業について こちらへ

青砥交流戦について こちらへ

津田沼王将戦について こちらへ

土曜研究会について  こちらへ

金曜研究会、所司一門研究会、奨励会受験について  こちらへ

 

 

 

 

所司七段ブログ
席主の思い出
スタッフブログ
PAGETOP
Copyright © 所司一門将棋センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.